女友達と自然と喧嘩の仲直りをするコツ

女友達と自然と喧嘩の仲直りをするコツ

どんなに仲の良い友人でも時には些細な意見の対立などで喧嘩をしてしまうことはあります。その中でも喧嘩の相手が異性の場合は仲直りをする方法が同性相手とは微妙に違うこともあるので注意が必要です。そこで今回は男性が女性の友達と喧嘩をした時に仲直りする方法についてご紹介します。

 

複数で遊びに行く

 

喧嘩をしている状態から仲直りするには会話をすることが必要になりますが、お互いが意地を張ってしまって会話をするきっかけが掴めないというケースは珍しくありません。そんな時に有効になるのがこの方法です。仲直りをするためとはいえ喧嘩している相手を誘って2人きりで出掛けるというのはハードルが高いため、共通の友人を誘ってっ出掛けるようにします。

 

自分達が喧嘩をしていても周りには関係ないので、その場の空気を悪くしないように自然に振る舞うような形を選択する物です。そのタイミングで会話の中で仲直りをするのがポイントになります。

 

できるだけ仲直りまでの時間を引き延ばさない

 

喧嘩をしてしまった時に、日頃の関係が良好な関係ほど仲直りに時間を掛けるとこじれやすくなってしまう物です。喧嘩においても仲直りのきっかけを掴むのは難しいとはいえ、時間を空けてしまえばそれだけ連絡を取るのが気まずくなってしまうことが考えられます。

 

特に相手が女性の友達の場合は長く引きずるタイプの人も少なくありません。そのため、男性相手のように時間が経てば自然と解決するだろうといった甘い期待はせずに、できるだけ早く仲直りをすることが大切です。

 

謝罪をメールなどの連絡で済まさない

 

携帯電話の普及によって、近年ではメールやLINEのメッセージで日常会話のやり取りをするのが一般的になってきていることから、喧嘩の謝罪もメールで済まそうと考えてしまう人も少なからずいます。これは友人同士の喧嘩に限らず全てに共通することですが、謝罪を無機質な文字のやりとりで済ませてしまう行為は避けなくてはいけません。

 

この行為がNGな理由は文字だけでは自分の感情をしっかりと伝えることができないのが理由です。謝罪の文章が送られてきても、文字だけでは相手が本気で悪いと思っているのか、憮然とした態度で仕方なく謝罪しているのかの判断はしずらいため、誠意が伝わりずらいというのもデメリットになります。特に女性は男性に誠実さや男らしさを求めていることが多いため、こういったメールなどの文章での謝罪は直接話すことから逃げていると判断されて好感度が下がってしまうの避けるべきです。

 

自分から謝罪をする

 

これは、仲直りの基本でもありながら最も難しい選択とも言えます。仲直りをするには謝罪が不可欠ですが、男性の中には自分から先に頭を下げるなんてできないと意地になってしまうケースも珍しくありません。しかしこういう時は大抵相手も同じことを考えているもので、どちらかが先に謝ってしまえばすんなりと仲直りができてしまうものです。相手が女性の友達の場合は、自分から素直に頭を下げることで潔さと誠実な行動に好感を持たれることもあります。

 

こういった理由からも、喧嘩の相手が女性の場合は喧嘩の原因に関係なく自分から頭を下げて謝ることが大切です。